So-net無料ブログ作成

マッサンがウイスキーを諦めた?第8週の感想とあらすじ [ドラマ]

thCAYA4YK9.jpg

NHKの連続ドラマ小説「マッサン」の第8週が今朝の放送をもって終了しましたね。

第8週のタイトルは「絵に描いた餅」です。

意味は作中でも主人公であるマッサンの口から語られていました。

どんなに上手い餅の絵を描いても、それが絵である以上食べられないということから叶わない夢のことを意味します。


ここで言う餅、つまり夢とは日本でウイスキーを作るということです。

ドラマの中で実際に「絵に描いたウイスキー」という台詞がでてきました。


そしてその台詞は他でもないマッサン自身から発せられた言葉だったのでした。

マッサンがその言葉を発した背景には、ウイスキー造りという夢と現実の間で揺れるマッサンの姿がありました。



大阪の会社を辞め、皿洗いのアルバイトや資金作りのためにパン作りまで始めたマッサン。


絶対に日本でウイスキーを造ると言っていたマッサンでしたが、その夢を諦めて実家に戻る決意を両親に話しました。


なぜ、マッサンはあれほど成し遂げようとした夢を諦めようと思ったのでしょうか。

21日に放送された第47話にてマッサンの一家は、姉の出産に立ち会います。

そこで、生まれてくる子どもに不安を感じて考えが変わってしまいました。

ところが、夢を諦めるという決断にマッサンの父親が反対しました。

子どものことを理由に夢を諦めるなというのが、父の意見でした。


母の意見は戻ってもいいが、エリーを嫁には認めないと平常運転。


夢を諦めた時のマッサンは、自分は今のままでは親にはなれないとエリーに語りました。

男が頑なに譲らなかった夢を諦める瞬間というのは、父親になる時、つまり、ただの男ではいられなくなる時に訪れるのかも知れませんね。


もしここで本当に諦めていたら打ち切りになってしまうので、恐らく大半のお茶の間の予想通り、マッサンは再びウイスキー造りの夢に向け発進していきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラゴンボールZの最新映画「復活のF」2015年公開!敵はフリーザ? [映画]

00dra2.jpg

来春、2015年の4月18日にアニメ「ドラゴンボールZ」の劇場版新作が公開されます。

その最新作に主人公の孫悟空と死闘を繰り広げたあのフリーザが登場することが発覚しました



新作のタイトルは「ドラゴンボールZ 復活の『F』」
今作品では、炎のようなオーラをまとったフリーザが広告画像の中央に描かれています。


他にも昨年3月に公開された劇場版「神と神」に登場した破壊神ビルスと側近のウイスが描かれていました。

他にも鳥山明さんが書き下ろした新キャラも登場するようです。
yjimageMGE5O3RL.jpg


アニメにおいてフリーザは、宇宙の帝王として部下たちを率いて悟空たちが暮らす地球に襲来しました。

悟空やピッコロ、クリリン、ベジータら仲間たちを圧倒。


地球が襲われた段階では、ベジータはフリーザの部下だったので、悟空たちの仲間になったのは物語がしばらく進んでからですね。



クリリンを爆殺するなど非道の限りを尽くしたが、激高して超サイヤ人となった悟空に敗北しました。


その後の物語のキーともなった「超サイヤ人」の悟空と戦った最初の悪役キャラとして人気が高いようです。 

「ドラゴンボール」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1984~95年に連載された人気作です。



コミックスは24カ国で翻訳され、発行部数は世界で2億3000万部以上を誇っています。

アニメは、86年にフジテレビ系でスタートし、89~96年に「ドラゴンボールZ」、96~97年に「ドラゴンボールGT」が放送されました。


11年間の平均視聴率は20%以上を記録した。劇場版はこれまで18作が公開されており、19作目となる今回の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」は、原作者の鳥山明さんが初めて脚本を手がけることも話題になっているそうです。



平均視聴率20%以上といえば、現在NHKの連続テレビ小説のマッサンが浮かびますね。

7週連続で平均平均視聴率20%を越えています。

ただ、こちらは習慣なので、11年間だと結構ばらつきがありそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

マッサンの視聴率の速報!7週目も20%超え! [ドラマ]

thCAYA4YK9.jpg

俳優の玉山鉄二さんが主演し、米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めているNHK連続テレビ小説「マッサン」。

放送開始から間もなく2ケ月が経とうとしています。あっというまですね。


第1週から高い視聴率をキープし続けているマッサン。
平均視聴率20%超えの記録をまだまだ更新中のようです。

第5週でちょうど20%とぎりぎりのラインを通り、危うくどうなるかと思いました。
ところが第6週から少し巻き返してきました。


そしてビデオリサーチの調べで第7週の「触らぬ神に祟りなし」(10~15日放送)の週間平均視聴率が打ち出されました。

第7週の視聴率は20.4%を記録!

週間平均視聴率の20%超えは、放送開始から7週連続となります。



ちなみに、マッサンの第1週からの週間平均視聴率は以下のようになっています。

第1週 21.3%
第2週 20.6%
第3週 20.6%
第4週 20.9%
第5週 20.0%
第6週 20.3%
第7週 20.4%


◇マッサンのこれまでのあらすじ

視聴率は好調のようですが、主人公のマッサンこと亀山正春はそうでもないようです。

大阪の会社を退職して、ドラマのメインテーマであるウイスキー造りから遠のいてしまいました。


そんな中、堤真一さんが演じる鴨居商店の鴨居欣次郎が、本格的にウイスキー開発に乗り出します。

一方のマッサンは、ウイスキー造りの資金を調達しようと、パンの販売を試みますが、それもうまくいきませんでした。



ここまでは、マッサンの迷走っぷりが見られましたね。

第7週の冒頭で、マッサンが会社を退職したことを知った泉ピン子さん演じるマッサンの母・早苗に実家に呼び戻されてしまいます。

th.jpg


再び姑の嫁いびりが見られそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

織田信成の解説が上手い!バラエティでのギャラは? [トレンドニュース]

250px-Nobunari_Oda_at_2009_Cup_of_China.jpg

プロフィギュアスケーターの織田信成さん(27)。


今や私の中ではバラエティータレントとしての印象が強いのですが、同じように感じてる方も多いのではないでしょうか?


“号泣キャラ”でブレークしたことがきっかけで、様々な番組に出演していますね。

現在は解説者としても活躍しているようで、
話題になった
号泣キャラとはうって変わって冷静な解説を視聴者に届けています。


バラエティー番組では浅田真央選手(24)などの真似をする「ものまねスケーター」というなかなかニッチなキャラ確立して一躍人気になりました。

さすがプロのフィギュアスケーターだけあって、演技力が求められるフィギュアスケートのモノマネを実に高い完成度で再現していました。



織田信成さんがこのようにしてテレビで多く見かけるようになったことで、それまでフィギュアスケートを見る機会がなかった人に一気に浸透したではないでしょうか?

こうなる前は、私がテレビでフィギュアスケートという言葉を聞く機会なんてありませんでした。



◇羽生結弦選手のものまねも「グランプリシリーズ」第3戦の中国大会(8日)で、練習中に選手と衝突して負傷した羽生結弦選手(19)の真似を10日放送のバラエティー番組で披露したそうです。


中国大会よりも前の10月の時点で収録されたもので、放送されたのが中国大会の放送後という間の悪さ。

この時、

「羽生選手が大変な時期に不謹慎な事を」

とツイッターで事前に謝罪していて話題となりました。


番組のテロップには、収録が10月に行われたことがしめされていたようです。



◇バラエティーのギャラは?

テレビ関係者によると、バラエティーのギャラは1時間番組で30万~50万円にものぼるそうです。


2時間の特番だと70万~80万円ほどだそうです。


年末年始の特番も引っ張りだこのようです。

また、現場の評判も良く、選手時代よりずいぶん忙しくなっているそうです。



今年の年末年始もテレビで見られるかもしれませんね。

小保方晴子が降格!現在の理研は? [トレンドニュース]

yjimage.jpg

理研、小保方さんを降格に
11月14日に、STAP細胞の論文不正問題で話題になった小保方晴子さん(31)が実質的な降格となったそうです。

14日に理化学研究所が、神戸市にある発生・再生科学総合研究センターを21日付で「多細胞システム形成研究センター」に再編することを発表しました。

そして、STAP細胞の論文の筆頭著者だった研究ユニットリーダーの小保方さんを理研本部のSTAP細胞検証実験チームの研究員とすることになったそうです。


センター長の竹市雅俊さんは退任して特別顧問に就いたとのことです。
そして、発生再生科学分野での研究開発の助言に当たっているようです。


今回の件で後任となる新センター長が決まるのは、来年の3月ごろまでのびるようです。
決まるまで、は理研生命システム研究センター長の柳田敏雄さんが職務を代行することになりました。


理研本部によるSTAP細胞の有無を調べる再現実験については、今年4月から実施されていました。

小保方さんがこれとは別に、7月から11月末までの期限付きで取り組んできました。

現在、理研はどうなった?

今回の再編は、大変大規模なものだったようです。

研究室数は40から20に半減されました。小保方研究室など9を廃止し、11は理研内の別センターに移ったそうです。


高橋政代さんプロジェクトリーダーとなっているiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った目の難病の臨床研究は、再編後も新センターで進められているそうです。


また今回の再編に伴い、職員の数がは439人から329人に減ったものの、雇用は全員守られたそうです。

100人以上の人員を減らしたのに全員の雇用が守られたのは驚きですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ごめんね青春での謝罪とその後 [ドラマ]

m95-0196-141104.jpg
宮藤官九郎さんが脚本を担当するTBS系連続ドラマ「ごめんね青春!」(日曜午後9時)で描かれた一シー

ンが波紋を広げているようですね。

登場人物のせりふで言及された堀越高校(東京都中野区)がTBSに抗議していました。誤解を与える表現が

あったとして、TBS側が公式サイトで謝罪する事態に発展していました。

せりふに実在の固有名詞を織り交ぜて笑いを誘うのが脚本家である宮藤さんの作風のようです。

フィクションにおける表現の自由をめぐって、識者の賛否は分かれているようでうすね。


問題となったのは、10月26日に放送された第3話の一シーンです。

生徒から勉強を教えるよう頼まれた主人公の義理の姉が「それは無理。あたし、堀越だから」と出身校と受け

取れる固有名詞を出して拒否したことです。

堀越高校を母校とする芸能人は多く、ドラマで描かれている義理の姉は元グラビアタレントという設定だった

そうです。

こうした表現に対し、堀越高校がTBS側に抗議したとのことです。

同校は産経新聞の取材に「TBSとの話し合いは終わっており、何も申し上げられない。校長にも取り次げな

い」と抗議内容を明らかにしなかったようです。

今月6日付の日刊ゲンダイによれば、校長が

「在校生は一生懸命学業に励んでいる」

「生徒の名誉を傷つける、ああいう誤解を招くようなセリフをテレビ局側がそのまま放送してしまったことは誠に遺憾」

などと取材に応えたことを報じていました。

せりふの内容が学校や生徒の名誉を傷つける恐れがあると判断したとみられるようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

山本梓妊娠!ベビーシャワーでお祝い!復帰は? [芸能]

imageGHRL435Y.jpg
今年1月に海外在住の実業家・梶原吉広さん(35)と結婚したタレントの山本梓さん(33)が妊娠8か月であることが5日、スポーツ報知の取材であきらかになりました。


梶原吉広さんの仕事の都合で、現在はシンガポール在住。年内に現地での出産を予定しているそうです。

先月、帰国した際には都内で妊娠を祝うパーティー「ベビーシャワー」を行った山本さんは

「新しい命を授かり、とてもうれしく、毎日が希望に満ちあふれています」

とコメントしたそうです。

関係者によると、山本はこの春に妊娠が明らかになりました。

現在8か月に入ったところといい、年内に夫・吉広さんと暮らすシンガポールでの出産を予定しているとのこと。

取材で山本さんは

「新しい命を授かり、とてもうれしく、毎日が希望に満ちあふれています。
海外での出産や、初めてのことばかりで少し不安もありますが、主人や家族、友人の支えのもと、健やかに穏やかな気持ちで過ごしていけたらと思います」

とコメントしたそうです。

今年2月ごろまではCM出演の仕事などをこなしていたものの、妊娠が明らかになってからは徐々にセーブ。ブログやツイッターなども更新を控えていたそうです。

吉広さんの仕事の関係でシンガポールと日本を行き来する生活のなかで、家族が増え、ママになる幸せを実感しているようです。

先月帰国した際には、ごく親しい友人らを招き、都内で「ベビーシャワー」と呼ばれるお祝いパーティーを開いたという。

「ベビーシャワー」とは米国が発祥の行事で、安定期に入った妊婦を祝福し、安産を祈願する催しのことです。
アメリカでは非常に有名なのだとか。日本でも盛んにおこなわれているようです。

グラビアアイドル全盛期にしのぎを削り、ママタレントの先輩でもある熊田曜子さん(32)、ほしのあきさん(37)も出席したそうで、初産の心得を教わったという話もありました。

復帰については出産後の体調等を見ながら、ゆったりとしたペースで再開していく予定だそうです。

山本は「これからもあたたかく見守っていただけたらうれしいです」と幸せいっぱいの山本梓さんでした。
タグ:山本梓
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

シャーロットが会見!マッサン撮影後と日本語について [ドラマ]

image.jpg

NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」でヒロインをつとめる米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさん(29)と、同番組の桜井賢チーフ・プロデューサーが5日、東京都内の日本外国特派員協会で会見を行いました。


シャーロットさんはあいさつでこう述べていました。

「イベントでは1500人のファンの方が集まるなど朝ドラが日本に愛されていることが分かりました。日本人の大きな責任を担っている。責任を果たしたい

「朝ドラが、日本人にとって持つ意味は大きい。これからも一生懸命取り組む
と意気込みを語っていました。

ドラマは、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝と妻・リタをモデルとした夫婦(役名は亀山政春、エリー)が主人公ですね。

シャーロットさんは、朝ドラ初の外国人ヒロイン。

桜井プロデューサーはシャーロットさんについて、

「ヒロインのエリーは、スコットランドから日本にやってきて、日本語を覚え、文化を学び、日本社会を生き抜いた。エリーを演じるフォックスさんとまさに同じ」

と語ったそうです。

シャーロットさんは、

「日本語がまったく話せなかった私が、朝ドラのヒロインを務めている。まるで、突然、言葉をすべて忘れてしまったのに、スピーチをするようなものだ」

と、日本語での演技の難しさをこのように語っていました。

ドラマ終了後の予定についてしは

「白紙です。分かりません。ずっと日本にいるかも」と語ったそうです。

日本での暮らしについては

「日本での生活は私の人生の重要な一部。日本は切り離せない。人生の川の流れに従います」

と述べていました。

他にもアメリカの女優業の実情について語ったり、「マッサン」の撮影の為に来日した時の心境を語っていました。

とてもオーディション緊張していたそうです。

日本語の勉強を、人生をかけて続けていくと強い意気込みでした。

シャーロットさんは質問にたいしてほぼ一貫して英語で答えていました。

日本語はしゃべっていましたがほんのわずかなのでちょっと残念でしたね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

川崎麻世がブログで不倫否定 [芸能]

image.jpg

俳優の川崎麻世さんが11月4日、自身のブログを更新していました。

一部の報道機関などで川崎麻世さんは34歳女性との不倫交際していて、その女性が現在妊娠3カ月であるとの記事が報じられていました。

ブログではその報道に対する反論が書かれていました。



この日の夜に「関係者各位ファンの皆様」というタイトルでブログ記事が掲載されました。

麻世さんは

「この度はお騒がせ致しまして誠に申し訳ございません」

と謝罪したうえで、

「この度掲載された女性自身の記事について、報じられている方とは、10年振りに先月お目にかかったのみで、記事の内容は事実とは大きくかけ離れたものです」

と、各報道の内容を否定しました。

さらに

「今後、名誉毀損の訴訴も視野に入れ、真摯に対応したいと考えております」

との姿勢を示している一方で

「今は初日を迎える舞台に専念いたしたく、会見等の予定はございませんので何卒よろしくお願い申し上げます 川崎麻世」

と報告していました。

一部報道では、川崎は先月中旬に知人らと食事した後、女性とふたりで麻世のマンションに帰って行ったとし、その女性が現在妊娠3カ月であると報じられているようです。

川崎麻世さんの事務所も、これらの記事を完全否定しているそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

マッサン5週連続視聴率20%以上!今後は? [ドラマ]

yjimage.jpg
俳優の玉山鉄二さんが主演。
米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説

「マッサン」の第5週「内助の功」(10月27日~11月1日放送)の週間平均視聴率が

20.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)

を記録したそうです。週間平均視聴率は、放送開始から5週連続で20%以上ということになりました。

これはすごい数字ですね。驚きました!
「マッサン」はまだまだ注目を浴びそうですね。

「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝
スコットランド人妻・リタをモデルにした亀山政春とエリーの凸凹夫婦。

玉山さんとフォックスさんが演じていますね。

第1週からの週間平均視聴率は以下のようになっています。
第1週 21.3%
第2週 20.6%
第3週 20.6%
第4週 20.9%
第5週 20.0%

第1週については安定の数字ですが、それ以降は21%を記録していないようです。

第5週についても20%ちょうどです。第6週の視聴率は果たしてどうなるのでしょうか。

6週連続でさらに記録をのばすのでしょうか。

第5週「内助の功」は、政春(玉山さん)がウイスキーづくりを本格始動するために、住吉酒造の株主を説得しようとするが、失敗してしまいました。

その結果、正春は住吉酒造を辞めることになるという展開でしたね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。