So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

マッサンの視聴率速報8週!20%超えはどうなった? [ドラマ]

yjimage.jpg

俳優の玉山鉄二さんが主演し、米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「マッサン」。



ついに第8週「絵に描いた餅」(17~22日放送)の週間平均視聴率がビデオリサーチ調べで明らかになりました。


なんと今回は、

19.3%
を記録。


9月末の放送開始から初めて20%の割ってしまいました

この結果により、マッサンの平均視聴率20%超えは7週までとなってしまいました。
残念です。


それでも視聴率は決して低くはないので、ここからの巻き返しに期待ですね。

第9週は再び大阪が舞台です


2013年度後期の「ごちそうさん」

2014年度前期の「花子とアン」


はすべての週で週間平均が20%を超えていたため、

2013年度前期の「あまちゃん」

以来の20%割れとなりました。


マッサンのこれまでの平均視聴率は以下のようになっています。

第1週 21.3%
第2週 20.6%
第3週 20.6%
第4週 20.9%
第5週 20.0%
第6週 20.3%
第7週 20.4%
第8週 19.3%





第8週「絵に描いた餅」は、父・政志(前田吟さん)の危篤を知らせる電報を受けとった政春(玉山さん)とエリー(フォックスさん)が、実家の広島・竹原へと向かいます。

しかし、電報は母・早苗(泉ピン子さん)が政春を家に連れ戻すためのうそだった……という冒頭です。


母の早苗からウイスキーづくりを諦めたんじゃないかと言われ、物語の後半には本当に諦めそうになってしまいます。




マッサンは腰を痛めた父に代わって酒蔵に入り、兄貴分である蔵人の俊夫(八嶋智人)にみっちり絞られます。

それまでの無職になってしまったマッサンとは違い、実家の酒づくりを汗水流しながら行う姿が多い週となりました。

亀梨和也が夜メロ襲名?ドラマセカンドラブ [ドラマ]

yjimageSXP9BM9D.jpg

これまでさまざまな挑戦的なドラマを生み出してきた金曜ナイトドラマ枠で、'15年1月クールに放送されるドラマがKAT-TUN・亀梨和也さん主演の大人がハマるラブストーリー「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)に決定したことが分かりました。


ヒロインに深田恭子さんを迎え、大石静の脚本で金曜の夜にスキャンダルを巻き起こします。

テレ朝ドラマ初主演の亀梨さんは

「大石静先生が手掛ける今回の物語は、中身で勝負することが求められると思うので、深田さんとお互い、より深い世界観に引き込み合えるような関係を築きたいと思います。

僕自身もこの作品にいろんな要素を引き出してもらいながら、
“夜メロの亀梨”と呼ばれるような(笑)、新たな雰囲気をまとっていきたいです」


と、妖艶な笑みを浮かべてアピールしたそうです。



本作で亀梨さんが演じる平慶は、挫折を味わいながらもコンテンポラリーダンサーとしての夢、そして年上女性との一途な恋愛に突き進む青年。


劇中では鍛えられた肉体を駆使した華麗なダンスシーンも披露するなど、意志の強さに加え、どこかはかなげで危険な香りも漂わせる亀梨さんだからこそ体現できる役どころとなっている。


ヒロインだけでなく、世の女性の心をも奪いメロメロにさせるんでしょうね。

そんな慶と恋に落ちるヒロインで、年上の高校教師・西原結唯を深田さんが演じます。

年を重ねていく中で「恋なんて、作法も忘れかけている」と苦笑いし、同僚教師との不倫関係を続けながらも、心の底ではずっと寂しかったその心と体に迷いなく飛び込んできた若い男の情熱にのみ込まれていく30代の独身女性を、深田が繊細かつ大人の魅力たっぷりに立体化していきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサンの早見あかりが売れる!泉ピン子が太鼓判! [ドラマ]

550189.jpg

NHK朝の連続ドラマ『マッサン』の“お母ちゃん”泉ピン子(67)が、「うちの子

、これから“売れる子”です!」と、娘役の早見あかり(19)に太鼓判を押した



NHK朝の連続ドラマ「マッサン」でマッサンの“お母ちゃん”である泉ピン子さ

ん(67)。ドラマでは正春の母・亀山早苗を演じていますね。



その泉ピン子さんが、早苗の娘でマッサンの妹役を演じている女優の早見あか

りさん(19)に太鼓判を押したんだそうです。

うちの子、これから“売れる子”です!と早見さんを紹介したそうです。


「これはうちの次女、すみれです。うちの子は、女優になりたくてあの“もも クロ”をやめたのよ。気合十分でしょ?」

とのこと。早見さんはももいろクローバーZの一員だったのです。



泉ピン子さんが、二人でカセットテープに吹き込んでもらった広島弁の台詞を

覚えるのに苦労していると語った。

ところが早見さんはスマホできいているそうです。


泉さんはスマホは持っているだけで使い方がよく分からないとかたっていまし

た。


「広島弁でアドリブなんて、絶対無理です」と早見さん。しかし、彼女の頑張

りをお母ちゃんは見ているようです。


そして、泉さんは早見さんの現場での苦労を語りました。


この子は、慣れない着物と朝ドラの現場で、始めのころはゲッソリしていま したよね。朝ドラって寝る暇がないからホントに痩せるのよ

朝ドラの現場ってずいぶん苛酷なようです。


「とにかくうちの子はこれから確実に売れる子ですから、仕事のオファーは早

めにお願いします!(笑)」

と太鼓判をおしていました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサンの妹役の早見あかりが一日駅長 [ドラマ]

550189.jpg

マッサンの妹は元ももクロ


NHK連続テレビ小説「マッサン」に出演している女優の早見あかりさん。

マッサンでは、主人公・正春の妹、亀山すみれ役で出演していますね。

マッサンの実家がある広島が舞台になる話に登場しましたね。


早見あかりさんは元ももいろクローバーZの一員で、女優になるためにももクロをやめたのだそうです。

早見さんは女優になった理由をこのように語ったそうです。

「女優になりたいって明確に思い始めたのは、色々経験させてもらって、すごくそれが楽しいなって思えたから。がんばりたいなって思ったからなんです」




早見さんが23日、ドラマの舞台である広島県のJR広島駅の一日駅長を務めました。


早見さんは、呉線を走る「マッサン」のラッピング列車を見送って、

「一日駅長を務めて、初めて帽子をかぶって『出発進行!』とやれたので、素直にうれしかったです」

と喜びを語っていました。



また、広島についても語っていたそうです。

「『マッサン』が、撮影でお世話になっています。懐かしい感じが残るとても素敵な竹原市で撮影させていただきました。その広島県で1日駅長ができたので、とてもうれしかったです」

と述べたそうです。


同時進行でフジテレビにも


また、早見あかりさんはフジテレビの「すべてがFになる」にも出演していますね。


早見さんが演じているのは、“人類のうちで最も神に近い”と言われる天才プログラマー・真賀田四季(まがた・しき)。


W主演の武井咲、綾野剛と深く関わっていくキーパーソンです。

今回の役はおよそ300人の中からオーディションで選ばれたとあって、注目度は相当なものだそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサンがウイスキーを諦めた?第8週の感想とあらすじ [ドラマ]

thCAYA4YK9.jpg

NHKの連続ドラマ小説「マッサン」の第8週が今朝の放送をもって終了しましたね。

第8週のタイトルは「絵に描いた餅」です。

意味は作中でも主人公であるマッサンの口から語られていました。

どんなに上手い餅の絵を描いても、それが絵である以上食べられないということから叶わない夢のことを意味します。


ここで言う餅、つまり夢とは日本でウイスキーを作るということです。

ドラマの中で実際に「絵に描いたウイスキー」という台詞がでてきました。


そしてその台詞は他でもないマッサン自身から発せられた言葉だったのでした。

マッサンがその言葉を発した背景には、ウイスキー造りという夢と現実の間で揺れるマッサンの姿がありました。



大阪の会社を辞め、皿洗いのアルバイトや資金作りのためにパン作りまで始めたマッサン。


絶対に日本でウイスキーを造ると言っていたマッサンでしたが、その夢を諦めて実家に戻る決意を両親に話しました。


なぜ、マッサンはあれほど成し遂げようとした夢を諦めようと思ったのでしょうか。

21日に放送された第47話にてマッサンの一家は、姉の出産に立ち会います。

そこで、生まれてくる子どもに不安を感じて考えが変わってしまいました。

ところが、夢を諦めるという決断にマッサンの父親が反対しました。

子どものことを理由に夢を諦めるなというのが、父の意見でした。


母の意見は戻ってもいいが、エリーを嫁には認めないと平常運転。


夢を諦めた時のマッサンは、自分は今のままでは親にはなれないとエリーに語りました。

男が頑なに譲らなかった夢を諦める瞬間というのは、父親になる時、つまり、ただの男ではいられなくなる時に訪れるのかも知れませんね。


もしここで本当に諦めていたら打ち切りになってしまうので、恐らく大半のお茶の間の予想通り、マッサンは再びウイスキー造りの夢に向け発進していきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサンの視聴率の速報!7週目も20%超え! [ドラマ]

thCAYA4YK9.jpg

俳優の玉山鉄二さんが主演し、米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めているNHK連続テレビ小説「マッサン」。

放送開始から間もなく2ケ月が経とうとしています。あっというまですね。


第1週から高い視聴率をキープし続けているマッサン。
平均視聴率20%超えの記録をまだまだ更新中のようです。

第5週でちょうど20%とぎりぎりのラインを通り、危うくどうなるかと思いました。
ところが第6週から少し巻き返してきました。


そしてビデオリサーチの調べで第7週の「触らぬ神に祟りなし」(10~15日放送)の週間平均視聴率が打ち出されました。

第7週の視聴率は20.4%を記録!

週間平均視聴率の20%超えは、放送開始から7週連続となります。



ちなみに、マッサンの第1週からの週間平均視聴率は以下のようになっています。

第1週 21.3%
第2週 20.6%
第3週 20.6%
第4週 20.9%
第5週 20.0%
第6週 20.3%
第7週 20.4%


◇マッサンのこれまでのあらすじ

視聴率は好調のようですが、主人公のマッサンこと亀山正春はそうでもないようです。

大阪の会社を退職して、ドラマのメインテーマであるウイスキー造りから遠のいてしまいました。


そんな中、堤真一さんが演じる鴨居商店の鴨居欣次郎が、本格的にウイスキー開発に乗り出します。

一方のマッサンは、ウイスキー造りの資金を調達しようと、パンの販売を試みますが、それもうまくいきませんでした。



ここまでは、マッサンの迷走っぷりが見られましたね。

第7週の冒頭で、マッサンが会社を退職したことを知った泉ピン子さん演じるマッサンの母・早苗に実家に呼び戻されてしまいます。

th.jpg


再び姑の嫁いびりが見られそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ごめんね青春での謝罪とその後 [ドラマ]

m95-0196-141104.jpg
宮藤官九郎さんが脚本を担当するTBS系連続ドラマ「ごめんね青春!」(日曜午後9時)で描かれた一シー

ンが波紋を広げているようですね。

登場人物のせりふで言及された堀越高校(東京都中野区)がTBSに抗議していました。誤解を与える表現が

あったとして、TBS側が公式サイトで謝罪する事態に発展していました。

せりふに実在の固有名詞を織り交ぜて笑いを誘うのが脚本家である宮藤さんの作風のようです。

フィクションにおける表現の自由をめぐって、識者の賛否は分かれているようでうすね。


問題となったのは、10月26日に放送された第3話の一シーンです。

生徒から勉強を教えるよう頼まれた主人公の義理の姉が「それは無理。あたし、堀越だから」と出身校と受け

取れる固有名詞を出して拒否したことです。

堀越高校を母校とする芸能人は多く、ドラマで描かれている義理の姉は元グラビアタレントという設定だった

そうです。

こうした表現に対し、堀越高校がTBS側に抗議したとのことです。

同校は産経新聞の取材に「TBSとの話し合いは終わっており、何も申し上げられない。校長にも取り次げな

い」と抗議内容を明らかにしなかったようです。

今月6日付の日刊ゲンダイによれば、校長が

「在校生は一生懸命学業に励んでいる」

「生徒の名誉を傷つける、ああいう誤解を招くようなセリフをテレビ局側がそのまま放送してしまったことは誠に遺憾」

などと取材に応えたことを報じていました。

せりふの内容が学校や生徒の名誉を傷つける恐れがあると判断したとみられるようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シャーロットが会見!マッサン撮影後と日本語について [ドラマ]

image.jpg

NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」でヒロインをつとめる米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさん(29)と、同番組の桜井賢チーフ・プロデューサーが5日、東京都内の日本外国特派員協会で会見を行いました。


シャーロットさんはあいさつでこう述べていました。

「イベントでは1500人のファンの方が集まるなど朝ドラが日本に愛されていることが分かりました。日本人の大きな責任を担っている。責任を果たしたい

「朝ドラが、日本人にとって持つ意味は大きい。これからも一生懸命取り組む
と意気込みを語っていました。

ドラマは、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝と妻・リタをモデルとした夫婦(役名は亀山政春、エリー)が主人公ですね。

シャーロットさんは、朝ドラ初の外国人ヒロイン。

桜井プロデューサーはシャーロットさんについて、

「ヒロインのエリーは、スコットランドから日本にやってきて、日本語を覚え、文化を学び、日本社会を生き抜いた。エリーを演じるフォックスさんとまさに同じ」

と語ったそうです。

シャーロットさんは、

「日本語がまったく話せなかった私が、朝ドラのヒロインを務めている。まるで、突然、言葉をすべて忘れてしまったのに、スピーチをするようなものだ」

と、日本語での演技の難しさをこのように語っていました。

ドラマ終了後の予定についてしは

「白紙です。分かりません。ずっと日本にいるかも」と語ったそうです。

日本での暮らしについては

「日本での生活は私の人生の重要な一部。日本は切り離せない。人生の川の流れに従います」

と述べていました。

他にもアメリカの女優業の実情について語ったり、「マッサン」の撮影の為に来日した時の心境を語っていました。

とてもオーディション緊張していたそうです。

日本語の勉強を、人生をかけて続けていくと強い意気込みでした。

シャーロットさんは質問にたいしてほぼ一貫して英語で答えていました。

日本語はしゃべっていましたがほんのわずかなのでちょっと残念でしたね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサン5週連続視聴率20%以上!今後は? [ドラマ]

yjimage.jpg
俳優の玉山鉄二さんが主演。
米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説

「マッサン」の第5週「内助の功」(10月27日~11月1日放送)の週間平均視聴率が

20.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)

を記録したそうです。週間平均視聴率は、放送開始から5週連続で20%以上ということになりました。

これはすごい数字ですね。驚きました!
「マッサン」はまだまだ注目を浴びそうですね。

「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝
スコットランド人妻・リタをモデルにした亀山政春とエリーの凸凹夫婦。

玉山さんとフォックスさんが演じていますね。

第1週からの週間平均視聴率は以下のようになっています。
第1週 21.3%
第2週 20.6%
第3週 20.6%
第4週 20.9%
第5週 20.0%

第1週については安定の数字ですが、それ以降は21%を記録していないようです。

第5週についても20%ちょうどです。第6週の視聴率は果たしてどうなるのでしょうか。

6週連続でさらに記録をのばすのでしょうか。

第5週「内助の功」は、政春(玉山さん)がウイスキーづくりを本格始動するために、住吉酒造の株主を説得しようとするが、失敗してしまいました。

その結果、正春は住吉酒造を辞めることになるという展開でしたね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッサンの堤真一が面白い!モデルは? [ドラマ]

yjimage.jpg

鴨居欣次郎のモデルについて

堤真一さんが演じる鴨居欣次郎(きんじろう)は、国産初のウイスキーづくりを実現する鴨居商店の社長です。

主役を引き立たせる強い存在感を持つ名脇として鴨居欣次郎演じる堤真一さん。
それもそのはず。

この鴨居欣次郎のモデルはサントリー創業者の鳥井信治郎。ウイスキー造りのもう一人の立役者ですね。ウイスキー造りの物語としてはもう一人の主人公とも言える重要人物です。
gazou.jpg
口癖でもある「やってみなはれ」精神で甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」を始め、日本人の口に合う製品を生みだした人です。

そして1929年(明治4年)に 日本初のウイスキー『サントリー白札』を作りました。

鴨居欣次郎は器が大きく、部下や周囲の人から信頼され、柔軟かつ独創的なアイデアで、時代を切り開いていこうとする人物です。

メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大学社会学部教授が「堤真一さんが光っている」と語ったそうです。


まじめで愚直にも見える政春とは対照的で、稲増教授は「人情、夢を追いかける人生、それに加えて新しいものをどんどん取り入れる破天荒なキャラクターが魅力的」だと述べたそうです。


脇を固めるキャストの存在感も魅力の一つになっているようです。では「マッサン」の好調の理由はなんなのでしょうか。


稲増教授によれば、「『あまちゃん』からこれまで朝ドラを見ていなかった若い世代視聴習慣が確立した」とのこと。

私は「あまちゃん」は見ていませんが、今回の「マッサン」は見ていますし「マッサン」を見ているという人も周りの若い世代にもいます。

稲増教授は「泉ピン子さんが初週に出演したときは、これで若い世代の視聴者は離れてしまうかもしれない……と思った」とのことですが、私は泉ピン子さんの演技を見て本格的に見ようと思った若者の一人です。



マッサン」の主演の二人について
NHK連続テレビ小説の「マッサン」。
なんと4週連続で週間平均視聴率が20%を超える絶好調ぶりです。

初週の週間平均視聴率は21.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)と好スタートを切り、第2週は20.6%、第3週は20.6%、第4週は20.9%を記録しました。

主演のマッサンこと亀山正春役の俳優の玉山鉄二さん。
夢のウイスキー作りに奔走して、しばしば奥さんのエリーと衝突する猪突猛進の亭主役を見事に演じています。

後に「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝がモデルです。
ドラマの通り、英国スコットランドで製造されるウイスキーのスコッチ・ウイスキーを製造した人です。
マッサンの妻、亀山エリー役に米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさん。今回の撮影のさなかに日本語を覚えた演技です。スコットランドの民謡を始め、綺麗な歌声が演技に一層華を添えますね。

モデルは竹鶴政孝の妻、竹鶴リタ。生名はジェシー・ロバータ・カウンというそうです。


立身出世や夫婦の愛などベタなテーマを描かれていることが魅力でした。
朝ドラ初の海外からのヒロインのフォックスさんの演技や泉ピン子さんの“嫁いびり”なども話題になっています。

泉ピン子さん演じる亀山早苗が、「外国人の嫁は認めない」と親戚たちに人柄の良さを認められたエリーに、ただ一人冷たくしていました。

しかし、その正春とエリーの幸せでいられるように(不幸にならないように)と願っていると涙ながらに訴える迫真の演技でした。


メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大学社会学部教授が「堤真一さんが光っている」と語ったそうです。

脇を固めるキャストの存在感も魅力の一つになっているようだ。「マッサン」の好調の理由はなんなのでしょうか。


稲増教授によれば、「『あまちゃん』からこれまで朝ドラを見ていなかった若い世代視聴習慣が確立した」とのこと。

私は「あまちゃん」は見ていませんが、今回の「マッサン」は見ていますし「マッサン」を見ているという人も周りの若い世代にもいます。

稲増教授は「泉ピン子さんが初週に出演したときは、これで若い世代の視聴者は離れてしまうかもしれない……と思った」とのことですが、私は泉ピン子さんの演技を見て本格的に見ようと思った若者の一人です。

泉ピン子さんの演技で、昔も今も変わらない「親心」を垣間見た若者として惹かれるものがあったと私は感じました
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。