So-net無料ブログ作成
検索選択

ごめんね青春での謝罪とその後 [ドラマ]

m95-0196-141104.jpg
宮藤官九郎さんが脚本を担当するTBS系連続ドラマ「ごめんね青春!」(日曜午後9時)で描かれた一シー

ンが波紋を広げているようですね。

登場人物のせりふで言及された堀越高校(東京都中野区)がTBSに抗議していました。誤解を与える表現が

あったとして、TBS側が公式サイトで謝罪する事態に発展していました。

せりふに実在の固有名詞を織り交ぜて笑いを誘うのが脚本家である宮藤さんの作風のようです。

フィクションにおける表現の自由をめぐって、識者の賛否は分かれているようでうすね。


問題となったのは、10月26日に放送された第3話の一シーンです。

生徒から勉強教えるよう頼まれた主人公の義理の姉が「それは無理。あたし、堀越だから」と出身校と受け

取れる固有名詞を出して拒否したことです。

堀越高校を母校とする芸能人は多く、ドラマで描かれている義理の姉は元グラビアタレントという設定だった

そうです。

こうした表現に対し、堀越高校がTBS側に抗議したとのことです。

同校は産経新聞の取材に「TBSとの話し合いは終わっており、何も申し上げられない。校長にも取り次げな

い」と抗議内容を明らかにしなかったようです。

今月6日付の日刊ゲンダイによれば、校長が

「在校生は一生懸命学業に励んでいる」

「生徒の名誉を傷つける、ああいう誤解を招くようなセリフをテレビ局側がそのまま放送してしまったことは誠に遺憾」

などと取材に応えたことを報じていました。

せりふの内容が学校や生徒の名誉を傷つける恐れがあると判断したとみられるようです。


スポンサーリンク





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。